神経難病・ALSと共に生きる患者さん、家族を応援いたします

日本サンサールのサービス案内

日本サンサールでは、障害者総合支援法に基づき障害福祉サービス事業として、 ALSや神経難病などの方や障害のある方に対して、在宅生活を24時間体制で介護サービスをいたします。 また、介護保険サービスとして居宅を訪問し、介護や日常生活上のお世話をする訪問介護サービスも行っております。

神経難病・ALSとは

筋萎縮性側索硬化症といい、手足・のど・舌の筋肉や呼吸に必要な筋肉がだんだんやせて力がなくなっていく病気です。 しかし感覚神経や自律神経など、他の系統の神経は侵されず知覚障害などはありません。 この病気は男子にやや多く、40〜60歳に発症することが一般的です。
アメリカの元大リーガー ルー・ゲーリックや、イギリスの物理学者ホーキング博士がこの病気になったことでも有名です。

訪問介護・障害者自立支援

介護保険の居宅サービス(自宅で利用できるサービス)で、介護福祉士やホームヘルパーなどの資格を持った専門家が家庭を訪問して、 日常生活上の援助を行います。

お知らせ

平成26年5月14日NEW
全てのページを最新の情報に更新いたしました。
求人募集についてCheck!
日本サンサールでは、現在一緒に働ける仲間を募集しております。研修にてしっかり指導いたしますので、未経験の方でも安心です。
TEL:042-359-3302
メールでのお問い合わせ